化粧品にも含まれる馬プラセンタの注目すべきところは?

馬プラセンタって化粧品に含まれているので聞いたことがありますよね。プラセンタは美容効果が高く、肌の調子を整えるのに注目されている成分です。プラセンタにはさまざまな種類がありますが、中でも馬のプラセンタは品質が高く、安全なものとされています。では馬プラセンタはどういったところで他のプラセンタよりも優れているのでしょうか。

馬プラセンタの注目すべきところは含まれている成分が他のプラセンタよりも多いというところです。サプリでよく使われるプラセンタは馬と豚です。馬のプラセンタは豚のプラセンタと比べるとアミノ酸がおよそ250倍も含まれています。アミノ酸は人間の身体を正常に機能させる為に必要な成分です。その成分がたっぷり詰まっているのが馬プラセンタです。さらにはヒトの身体の中で作ることのできない必須アミノ酸6種も配合。身体に欠かせないものであるけど身体の中で作ることのできない成分が含まれているのは大きなポイントです。

一番の違いがあるのがアミノ酸ですが、その他にも馬プラセンタが優れている点があります。それは、含まれている栄養素(成分)が豚プラセンタよりも豊富だということ。これは馬の出産が一度に一頭だということが理由です。豚は一度の出産で10頭前後の出産をする為、プラセンタを抽出する胎盤が薄くなってしまい、栄養が少なくなってしまいます。ですが馬の場合一度の出産で一頭しか生まれてきません。なので胎盤に厚みもあり、栄養素(成分)が豊富に含まれているというわけです。

成分的な違いは上記のもの等が上げられますが、馬プラセンタの優れている部分はそれだけではありません。注目すべきはその安全性です。
馬は奇蹄類に分類されており、狂牛病や口蹄疫等の病気にかかりません。また、馬の体温は他の動物と比べて高いです。体温が高いと寄生虫などが住み着きにくくなり、その他の感染症にかかることが少ないんです。そういった点で病気にもなりにくく、さらにはもともとデリケートなこともあり薬の投与を避けて育てられる生き物です。なので薬を投与されていることも少ないです。
プラセンタを抽出する際に殺菌処理などの工程を行う必要があるのですが、もともとの安全性が高い馬のプラセンタは殺菌処理などの工程を少なく済ませることができます。こういった工程は多くすればするほど含まれている栄養素が減っていってしまうものですが、馬の場合その心配もありません。

また、馬プラセンタを抽出する馬にこだわるメーカーも多く、有名なところで言えば国産馬・キルギス産馬・アルゼンチン産馬・ニュージーランド産馬などがあります。いずれも薬を使わずに育てたり、出生の記録をたどれたり、汚染の少ない場所で育てたりとこだわりをもった馬から抽出されたものになっています。もちろん加工や製造、流通まですべてをさかのぼって確認することができる為とても安心して使うことができます。
馬プラセンタはその安全性と品質の高さが売りです。多くの方から支持を得ています。