プラセンタは女性に多く現れる更年期障害に効くの?

50歳前後の女性に多く現れる更年期障害。女性の閉経は平均50歳ということからその前後の45歳〜55歳までに症状が出るという方が多いようです。その更年期障害にプラセンタが効果的なことを皆さんご存知ですか?プラセンタの効果で更年期障害の症状は改善できるんです。

更年期障害の原因は多くはホルモンバランスが変わってくる為に起こるものだといわれています。ホルモンのバランスが崩れてしまうと、
めまい・頭痛・動悸・大きな血圧の変動・生理不順・生理痛
疲労感・多汗・耳鳴り・肩こり・便秘や下痢・めまい・不眠
等の症状を引き起こします。閉経前後の女性は特に女性ホルモンが分泌されなくなってホルモンのバランスが不安定になる為この症状が起こってしまうんです。
と、言うことは、ホルモンのバランスがよくなればこの症状も改善されていくというわけです。

プラセンタの効果で有名なのは肌の調子を整える効果ですよね。この肌の調子を整える効果の多くには血行促進、細胞の活性化といった成分が含まれています。ですが、プラセンタにはホルモンの状態を整えてくれる働きもあるんです。更年期の症状は軽減するし、肌の調子もよくなってしまうなんてプラセンタは確かにいいこと尽くめです。

プラセンタがホルモンの調子を整えてくれる理由は、プラセンタ自身が女性ホルモンを有しているというわけではありません。プラセンタには女性ホルモンの分泌を促進する効果があるんです。ホルモンの分泌を促し、その状態を維持してくれる働きがあります。
女性ホルモンが安定して分泌されるようになれば更年期の症状も改善されていきます。ただし、ちょっと注意が必要なこともあります。

更年期障害におけるプラセンタ療法のリスク

更年期障害でプラセンタ療法が適用になる可能性があるのは婦人科や女性外来ですが、治療を受ける前に知っておいて頂きたいことがあります。

まず最初にヒトプラセンタの注射を治療に用いる場合です。この治療はアレルギーの可能性がある場合ショック症状を起こしてしまう可能性もあります。また、プラセンタの注射を打ったことのある方は献血が二度とできなくなってしまうので、その点も一度考えたほうがいいのかもしれません。血を分けられないって大きなリスクだと思います。

また、副作用とも言えるのかもしれませんがもっと怖いのが感染症のリスクです。薬害肝炎の事例にもあるように、ヒトのプラセンタを注射して何らかの感染症を引き起こす可能性というのはゼロではありません。
ですから、病院で更年期障害の治療にプラセンタを用いるときでも、一筆サインを求められます。万一の時の後悔は計り知れないですよね・・・。

では一方のサプリメントはどうでしょうか?病院で処方されるプラセンタのサプリには、ヒトのものと豚があり、ヒトの場合はサプリであってもリスクは同様です。
豚のサプリメントは市販もされているものですから問題はありません。

つまり、サプリであっても注射であっても、ヒトプラセンタ以外であれば食品の位置付けであり、リスクは下がるということです。
実際更年期障害対策にプラセンタを飲んでいた方を私は結構知っています。特に女性の場合は美容効果も高いのでかなり好評でした。

また、病院に比べて価格が安いので気軽に続けていくことができます。サプリの場合では馬や豚のプラセンタが使用されますが、特に馬プラセンタの効果は大きく期待できます。興味をもたれた方は一度サプリから始めることをおススメします。