プラセンタサプリが女性の薄毛対策に効くって本当?

結果ららしてプラセンタのサプリは女性の薄毛対策にも効果があるとされています。プラセンタサプリには綺麗な髪の毛を作るための成分が含まれており、飲み続けると綺麗な髪になりやすいようです。
しかしそれだけでなく、抜け毛がひどく薄毛が気になってきた女性に対してもプラセンタは有効なようです。なぜプラセンタは薄毛対策に効くのでしょうか?

プラセンタは女性の薄毛の原因を改善する

まず、女性の薄毛の原因ですが、昔は女性ホルモンの低下から男性ホルモンの作用が強くなり(女性にも男性ホルモンはあります)薄毛になると言われていましたが、
実はそうではないようです。まず特徴的なのは、女性はいくら薄毛が進行してきたと言っても、気になるくらいの年齢になった時にハゲたりしませんよね?
一方の男性は若くして禿げてしまうこともあります。生え際がどんどん後退したり、カッパみたいにはなりません。女性の薄毛で気になるのは頭のてっぺんと側頭部。
実感としては髪の毛が細くなってきてボリュームが減ってきたというのがあるのではないでしょうか?
正確には男性とも女性とも薄毛の原因は解明されていないのですが、最近分かっていると子としては、男性の場合はどんどん髪の毛が生え変わるサイクルが早くなっているのに対して、
女性の場合は、「生えるのが遅くなる」そうです。つまり毛根が休眠状態にあるようなのです。
この休眠状態にアプローチできるのがプラセンタの作用です。プラセンタはホルモン分泌を促進する作用がありますので、女性ホルモン以外の分泌も盛んにしてくれます。

プラセンタは病院の薄毛治療でも用いられている

プラセンタにはホルモン分泌を促進させる働きがありますが、分泌を促すべきホルモンは甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンは造血や恒常性、そして発毛を促す細胞の賦活化に関わっているからです。
プラセンタには成長因子(グロースファクター)と呼ばれる成分があり、成長因子が直接発毛に働きかけます。
病院の場合、プラセンタはサプリの形態と注射として扱われます。美容皮膚科やAGAクリニックなどですね。特に発毛治療専門であるAGAクリニックでは、女性の薄毛治療をFAGA(女性男性型脱毛症)と位置づけ、
男性とは異なるアプローチで薄毛治療を実施しています。
女性の場合も処方薬の中心はミノキシジルですが、髪の毛の成長因子を毛根に注入するメソセラピーを実施しているクリニックも増えてきました。
このメソセラピーで用いられるのが他でもないプラセンタです。育毛メソセラピーと呼ばれています。
しかし、病院でもプラセンタ療法にはデメリットもあります。まず献血できなくなります。そして、感染症のリスクを受け入れます、という同意書にサインが求められます。
これは結構なリスクだと思います・・・。また女性の薄毛治療においても、プラセンタよりもミノキシジルの方が結果が早く出ますから、わざわざプラセンタの育毛メソセラピーを取り入れる必要はないのではないかと個人的には思います。

プラセンタはサプリでも薄毛に効くの?

病院で用いられるプラセンタはヒトの胎盤、つまりヒトプラセンタです。ですから同意書を求められたりします。
その多くは液体の状態で投与されます。では、ヒトプラセンタ以外の市販のサプリでも発毛に効果はあるのでしょうか?
ある病院では、ヒトプラセンタの注射1本分がサプリ二錠に相当すると紹介がありましたが、これもヒトプラセンタです。
しかし病院では、市販品として豚のプラセンタを販売していたりします。つまりヒトプラセンタ以外でも効果があるということです。
これも個人的な意見になりますが、病院のプラセンタよりも市販のプラセンタは配合量が少ないので、やはり馬プラセンタが良いと思っています。
本当に薄毛に悩んだらAGA治療に行くのが一番かと思いますが、メソセラピーも何万円もしますし、財布的にキツイですよね・・・。
そういう場合は、市販の馬プラセンタを飲んでみるのもありかと思います。でも、AGA治療は本当にすごいですよw