植物性プラセンタは感染症になるリスクはないの?

プラセンタって胎盤から抽出されるエキスのことですよね。じゃあ最近良く耳にする植物性プラセンタって何のことなんでしょう?植物には胎盤はないし良くわかりませんよね。そんな疑問をここでは解消します。

植物性プラセンタはその名の通り植物から抽出されるプラセンタのことです。ですが植物には胎盤などありません。この植物性プラセンタに使われるのは「胎座」と呼ばれる部分から抽出されるエキスです。胎座とは、植物の種を覆っている部分のことを指します。動物で言う胎盤と同じような位置づけのものです。この胎座は種子を成長させる為に多くの栄養素を持っています。アミノ酸やビタミン・ミネラルなど、肌に必要な栄養素は他のプラセンタに引けをとらない程含まれているのです。これだけ聞くと植物のプラセンタも動物性プラセンタとあまり大差がないように聞こえますが、それは大きな間違いです。

植物性プラセンタには、動物性プラセンタが持っている成長因子を持っていません。これはどういうことかというと、肌の細胞を活性化させる力はないということです。成長因子を持たないことにより、動物性プラセンタが持っている肌の細胞を修復・生まれ変わりのサポートといったターンオーバー促進の効果はありません。また、ホルモンバランスを整えたりすることもないので、健康面の効果も期待できないのです。

ですが、植物性プラセンタは肌に栄養を与えることはできます。上記にも上げましたが、アミノ酸・ビタミン・ミネラルといった栄養素をたくさん含んでいます。肌に使う化粧品として使う分には大きな効果が期待できるんです。また、植物性プラセンタの一番のメリットは安全に使えるということ。動物性プラセンタも安心して使えるものとなっていますが、植物性プラセンタは感染症になるリスクは100%ありません。そういった点でプラセンタの中では一番安心して使えるものとなっています。

植物性プラセンタが他のプラセンタと違う点は成長因子だけではありません。特に気にすることもないのですが、植物性プラセンタは一つの植物から抽出するのではなく、たくさんの植物から抽出したエキスを混ぜて作り上げています。主に使われる植物の胎座はアロエ・ライ麦・カッコン・とうもろこし・大豆などです。どれも肌にいいとされる成分を豊富に含んでいます。

肌に栄養を与えるだけなら他の化粧品でも代用できるのですが、自然由来で安心して使えて肌の健康を取り戻してくれるという点では植物性プラセンタはおススメできるものです。

植物性プラセンタが注目を浴びつつあるのですが、成長因子の効果を期待するのであるなら動物性プラセンタを選択したほうがよさそうです。